シェルティのアル、ジークとともに暮らすアルmamaの日記。2007年からワン連れキャンプにハマる♪    コメントエラーが出てしまう場合があるようです。その場合は、お手数ですがBBSのほうへコメントくださいね。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと思い出話 2
2006年06月06日 (火) | 編集 |
2004年の春季展からショーチャレンジを始めて、運良くウィナーをいただけたのは4月25日の千葉展。
最後まで、もう1頭の子と長~い時間比較されていて、ほんとに運良く選んでもらえたのです。

そのあと順調に行ったかといえばそうではなく、春季展の最後は白いリボン(4席です ^^;)で終わったのでした。



まだ続く思い出話・・
↓また長いですよ~。えへ♪(笑ってゴマかしてみたりして。。)
夏場に体調を崩したせいで、もともと細いアルが痩せてしまい、秋展が始まった頃の体重はなんと7Kg台!
この頃から、なかなか食べないし食べても太らないアル(なんて羨ましいの)との体調と体重管理の闘い(大げさ)が始まりました。
アルの体高とショーに出ていることから考えると、10Kgあってもいいぐらいだと言われていたのです。
なかなか太らず、秋展の終わり頃にやっと8Kg台に戻せました。

秋展が始まったころのアル
041011-2.jpg


お肉が付かないにもかかわらず、アルは毛だけはありました。
そのおかげで秋展も休まず出陳できたようなものです。
(春に比べて秋は出陳頭数がグッと減ります)
Tさんに誘われて、初めて東北の展覧会に行くことになりました。
ペットと泊まれるペンションを予約して、ウキウキしながら全くの旅行気分で参加した岩手展。
そこで、2度目のウィナーをいただいたのです。
3歳までに、またコリー像が欲しいな~なんて思っていた小さな夢がまた叶いました♪
またしても嬉しい誤算!
その後、福島展でもう一つコリー像をいただけて、チャンピオンまであと2枚!なんてことになったのです。

ここで3度目の勘違いをした私たちの目標は・・

『3歳までにチャンピオン!(・・に、なれるかも??)』でした。

調子に乗って、徐々にレベルアップしていく目標(笑

秋展は、計2枚のウィナーをいただけて、大満足で終了しました。
(東北展で、ジークもささやかにショデビュー♪)

協力犬のおチビ・ジーク♪
041011-9.jpg




レベルアップした目標を胸に秘め、翌年の春展に突入!
このときから展覧会のシステムが変わり(以前のスタイルに戻ったということだそうです)、アルは初めて『特別犬組』というクラスに出陳することになりました。
このクラスは、全て、ウィナー獲得経験のあるワンちゃんだけが出陳するのです。
素敵な『ショードッグ』ばかりの中に、『なっちゃってショードッグ』のアルが混ざっちゃって大丈夫かしら・・という不安あり、『いや、アルだって可愛さじゃ負けてないわ!』という親ばか丸だしの思いもありでドキドキしながらのチャレンジになりました。

数ヶ月ぶりに出陳したアルはテンション上がりまくりで、とてもショーマナーが入っているようなワンコには見えませんでした
後半やっと落ち着きましたが、明らかな練習不足を痛感。
でも、特別犬組に出ている他のワンちゃんたちと比べてみて、それほど見劣りしてないんじゃないかなぁなんて、勝手なことを思ったりして・・(^^;A
またまた勘違いして突っ走ることになったのです。

が、勘違いパワーだけはあるものの、それだけで何とかなるということは当然なく、その後もず~っと負けつづけました。
アルの調子も上がったり下がったり、そのたびに色々アドバイスを受けたことを実行したり、自分達で考えたことを試したり、試行錯誤の日々でした。
毎回、出陳するたびに自分に課題を課していたアルpapaは、それがクリアできたときは大喜び♪
成績が伴わなくても、少しずつでも成長してる、アルとの距離が近くなってると感じることが嬉しかったのです。
ほんのささいなことでも努力することは無駄にならないんだなぁと感じることが多々ありました。
私たちがしたのは『努力』なんて大げさなものじゃないけど、諦めて何もしなかったら、きっと何も変わらかったと思うもの。

そして、このシーズン大本命と思っていた宮城展(初めてのウィナーをいただいた審査員だったので)で、念願のBSD(ベスト・スペシャル・ドッグ)をゲット!
アルも大喜びして審査員に飛びつくわ、はしゃぎ過ぎてギャロップしちゃうわ・・大騒ぎでした♪
『調子のいいときに続けて出したほうがいい』とTさんに誘われ、ついに山形まで遠征を決意。
そこで、またしてもBSDをゲット!
今まで負けつづけたのがウソのように、あれよあれよという間にチャンピオン完成してしまったのです。。。


チャンピオン完成記念♪
photo5.gif



このときの驚きと感動は大変なものでした。
ちょっぴり期待はしていたけど、まさか本当にアルがチャンピオンになれる日が来るなんて・・。
一緒に行っていたTさんやHEROさんが喜んでくれたことがまた凄く嬉しくて、私たちの感動も倍増しました。


そのときの出陳レポに書いた感想は・・

『去年の春、アルと一緒にショーチャレンジを始めた頃はチャンピオンなんて考えてもいませんでした。
『アルが3歳になるころまでにウィナーが取れればいいねぇ♪』なんてアルpapaと話していたのに・・。
こんな嬉しい日が、こんなに早くくるなんて、全然思ってもいませんでした。
右も左もわからない素人の私たちがここまでこられたのも、ブリーダーさんのTさんをはじめ
Tさんの周りにいらっしゃるたくさんの方々のおかげです。
Tさんの行動力には何度も背中を押してもらい、Tamさんたちにもトリミングなどしてもらって、
アルをとても男前に変身させてもらい・・ここには書ききれないほどお世話になりました。
HEROさんにもモネ&ジュレママ代理さんにもたくさん応援していただきました。
HPを通じてアルを応援してくださった皆さまにも、毎回勇気づけられていました。
そのおかげでチャレンジを続けることができ、こんな楽しい気分を味わうことができました。
本当にありがとうございました <(_ _)> 』



本当にたくさんの方たちのお世話になって、今があるんだなぁと思います。

だってねぇ、まさかねぇ、あのお坊ちゃまアルくんがねぇ・・。


思いがけず、夢が叶ってしまった私たちの次の目標は・・

『一度でいいから、あの(チャンピオンクラスで選ばれたらもらえる)青銅のコリー像が欲しいねぇ♪』でした。


無謀にも、夢はレベルアップし続けたのです(笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。